なぜダイエットは継続出来ないか?潜在意識に打ち勝ってダイエット成功!

なぜダイエットは継続出来ないか?潜在意識に打ち勝ってダイエット成功!ダイエット
この記事は約6分で読めます。

今日はダイエットでなぜリバウンドしてしまうのか?カギは意志の力にある。って話です。

リバウンドしない体になるために読んでみてください。

 

ダイエットにつきものなのが、リバウンドです。

女性雑誌のアンケートによると日本の女性の72%がリバウンドを経験しているとのことです。

アメリカでは90%以上とも言われます。

 

私も3か月頑張って6kg体重を落としたのに、油断してさらに3か月後には7kg太ってた・・・。

って経験があります。っていうか1kg太ってんじゃん。

 

一度痩せても、すぐに体重が戻ってしまうなんて悲しいですよね。

では、その原因はなんでしょう?

ダイエットの失敗は痩せれないことではなく継続できないことだ。

ダイエットは痩せやすい時期と痩せにくい時期があります。

急に体重が減ったり、同じ頑張りでも体重が停滞したりしますね。

 

停滞期は体にあるホメオスタシス効果(体には体重を一定に維持しようとする作用がある)が原因です。

タニタの健康コラム
ダイエット中の「停滞期」はなぜ起きるの?

 

特に結果の出ない停滞期は、ダイエットの達成感もでなくて挫折する人が増えてしまいます。

でも、苦しい停滞期を乗り越えて継続することがダイエットには大切になってきます。

 

どんなダイエット法でも、「ダイエットの失敗は痩せられないことではなく継続できないこと」なのです。

なぜ継続できないのか?

なぜ痩せたいという願望があっても、私たちはダイエットを継続することが出来ないのでしょうか?

ダイエットが継続できない理由を見てみましょう。

遺伝子

人の遺伝子はダイエットをするように設計されていません。

石器時代には、行動をしなければ生死に関わる時のために、普段は動かないようにしてエネルギーを大切にしていました。

でも、現代日本のカロリー過剰時代には太る原因になってしまいますね。

また、遺伝子で考えるとホメオスタシスの効果も生命活動を維持するうえで大切なものです。

社会心理学

社会心理学からはこんな話もあります。意志力は有限であるから、仕事や人間関係で疲れていると意志力が減るとされています。

 

ダイエットという意志力が必要な行動に対して、今からランニングに行こう!と頑張る気持ちが出なかったり、

ケーキが美味しそうだな。っという誘惑に抗うことが出来なくなってしまう。ということです。

トンネリング

他にもダイエットが継続できない理由として、トンネリングがあります。

トンネリングって聞きなれない言葉ですよね。「欠乏の行動経済学」の中にでてくる言葉です。

まずはトンネリングについて説明しますね。

ひとつのことに集中するということは、ほかのことをほったらかすということだ。本やテレビ番組に夢中になりすぎて、隣にすわっている友人からの質問に気づかなかった経験は誰にでもある。

集中する力は物事をシャットアウトする力でもある。欠乏は「集中」を生むと言う代わりに、欠乏は「トンネリング」を引き起こすと言うこともできる。

つまり、目先の欠乏に対処することだけに、ひたすら集中するのだ。(本書P49)

出典:いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

作者:センディル ムッライナタン 翻訳:大田 直子
出版社:早川書房
発売日:2017-01-07

欠乏から抜け出すため必要な事柄がトンネリングによりシャットアウトされてしまい、

結果的に欠乏が更なる欠乏を招くこととなります。

 

トンネリングの例でいうと、仕事・家事・育児が忙しい。時間が無い状態になります。

時間の欠乏状態になると、その原因である物事:仕事・家事・育児について集中します。

 

目先の時間が無いことに対処すると別のことが疎かになってしまいます。

ダイエットが疎かになります。そして、時間の欠乏自体にも改善が出来なく忙さが続くとダイエットは忘れ去られます。

 

生活において時間やお金など欠乏状態だと、余裕がない状態になりますね。

そうすると他の物事に対して考えることが難しくなるということです。

 

ダイエットも同じなのです。

では解決法を考えてみましょう。

解決方法

遺伝子

遺伝子は変えることが出来ませんので根本からの解決方法はありません。

 

ただ、ホメオスタシスの効果は急激な変化に対して起こります。

5kg/月の減量はホメオスタシスの効果が最大になるそうです。

 

また、栄養価の面からも急激な減量は危険です。

ホメオスタシスを最小限にするためには、1ヵ月の減量の目標値は0.5~1kgにしましょう。カロリーでいうと

3600Kcal~7200Kcalの消費を目指しましょう。

脂肪を1kg落とすには何kcal消費が必要なの?知ってビックリした事実!
今回はダイエットの基本的な考え方についてです。 ダイエットの目標はズバリ痩せること。 それも、脂肪を落とすことですよね。 脂肪を落とすために頑張るのが食事制限によるカロリーコントロールと運動です。 食事制限「...

意志力をマネジメントする

意志力が減るからといって、仕事や人間関係を0にすることは出来ません。

そこで、イフ-ゼン実行プランが提案されます。

 

イフ-ゼン実行プランとは

「もし(if)Xに直面したら、そのときは(then)Y行動しよう」と決めておきます。
そうすることで意志力を使わず行動できます。

 

もし飲み会に誘われたら(if)お酒は1杯まで。あとは烏龍茶にする(then)。
もしお菓子を友達からもらったら(if)3/4は職場で配る(then)

 

決めておけば意志力が弱くなっていてもダイエットが続けられます。

トンネリング

トンネリング自体を改善には、ゆとりや遊び必要だそうです。

そう簡単に改善できるものではないのかもしれません。

まずは思考が狭くなっていないか考えてみましょう。

 

ダイエットには時間がない。ダイエットには器具やサプリなどお金がかかる。と言い訳していませんか?

また、途中でダイエットが中止してしまったのは仕事が忙しいことが原因かもしれません。

 

トンネリングで思考が狭まっていませんか?

ジムに行く時間が無いなら、自宅で適正な強度の筋トレを1日5分を2回するだけでも効果は出ます。

お金が無ければ、道具を使わない自重トレーリングで十分ダイエットになります。

まずは、すぐに実行できるダイエットもあるのではないでしょうか?

まとめ

世の中には、いろいろなダイエット法があります。

ただ人間の体の構造から、脂肪を減らす減量法に限っては結果が出るまである程度の時間がかかります。

そして、継続しないで元の生活習慣に戻れば必ずリバウンドします。

ダイエットの成功・リバウンドしない秘訣は継続することです。

 

人間の体や脳はダイエットが簡単に出来るようには作られていません。そこを知識で対処してダイエットを成功させましょう!

タイトルとURLをコピーしました