脂肪を1kg落とすには何kcal消費が必要なの?知ってビックリした事実!

ダイエット
この記事は約3分で読めます。

今回はダイエットの基本的な考え方についてです。

ダイエットの目標はズバリ痩せること。

それも、脂肪を落とすことですよね。

 

脂肪を落とすために頑張るのが食事制限によるカロリーコントロールと運動です。

食事制限「板チョコレート一枚は400kcalだから食べちゃダメ・・・。」

運動「30分ウォーキングしたから150kcalも消費した!」

 

ダイエットを始めると、カロリーって気になりますよね。

食事から摂ったカロリーと運動などから消費したカロリーを把握することは

「成功するダイエット」への近道です。

 

でも、そもそも1kg痩せるには何kcalの消費が必要なのでしょうか?

栄養学での脂肪のカロリーは?

まずは、食べ物から見ていきましょう。

栄養学では3大栄養素といわれるのが「炭水化物」「タンパク質」「脂質」です。

食事のカロリーはこの3つで計算しますが、お酒を好きな人もいますよね。

プラス「アルコール」も追加してしてみましょう。

  • 炭水化物=4kcakl
  • タンパク質=4kcal
  • 脂質=9kcal
  • アルコール=7kcal

脂肪って9kcalもあるんですね。

パンに塗るバターって美味しいですよね。でも1g=9kcalって考えると恐ろしい・・・。

痩せるために必要な消費カロリーは?

脂肪が9kcalということが分かりました。

じゃあ、「1g=9kcalだから1kg減らすには9000kcal分の消費が必要なのね。」

となりますよね。

そう、私もずっとそう思ってました。でも違うんです。

 

ダイエットでのターゲットになる脂肪は脂肪細胞になります。

脂肪細胞って脂肪100%で構成さてはいません。

細胞だから、水やタンパク質なども使っているんですね。

脂肪細胞だからメインの脂肪が80%、その他が20%と言われます。

 

そこから、1g痩せるには9kcal×80%=7.2kcal

1kg痩せるには7.2kcal×1000g=7200kcalですね。

 

そうなんです食事の脂肪は9kcalなのに痩せるのに必要な消費エネルギーは7.2kcaなんです。

おそろしい事実

7200kcalの消費で1kg体重を落とせることがわかりました。

9000kcalに比べたらEasyモードですね!

と思ったら大間違い!この計算は摂取カロリーにも適用されます。

7200kcalの摂取で1kg体重が増えるのです。

 

ペヤングソース焼きそば超超超大盛りGIGAMAXのカロリー2145kcalです。

3.5個食べると1kg太るとか恐ろしすぎる・・。

まとめ

食品としての脂質は9Kcal。

脂肪細胞は脂肪以外からも構成されている。(80%が脂肪)
1Kg痩せるのも太るのも7.2kcal

カロリーのことを少しは知ってもらえたでしょうか?

知識をつけることは成功への近道です。

 

一日でドカ食いしても太りません。逆に言えば一日運動しただけでは痩せません。

毎日の積み重ねで体重変化が起こります。

食事と運動を毎日コツコツ頑張ることがダイエットの秘訣ですね。

タイトルとURLをコピーしました