体脂肪率で理想の見た目に!体重だけではわからない理想のボディ

体脂肪率で理想の見た目に!体重だけではわからない理想のボディダイエット
この記事は約4分で読めます。

理想のボディを手に入れるには体重よりも体脂肪率の方が重要です。

体脂肪率とは「体の何%が脂肪で占めているか」表すものです。

でも、体重は気になりますよね。そんなあなたはこの写真を見てください。

 

体重比較

出典:instagram kelseywells

右:65kg 中央:55kg 左:63kg

どの写真が一番理想に近いですか?

左の写真ですよね。でも、体重が一番少ないのは中央の写真です。

 

筋肉は脂肪より体積は小さいですが、重さはあります。

筋肉で体重が増えてもメリハリのある魅力的な体を作ることが出来るのです。

体重の減量だけにとらわれてはいけません。筋肉と脂肪のバランスをとることが大切です。

体重を気にするより体脂肪率を目標に!

体脂肪率の平均はどのくらいか知っていますか?

日本人の理想体脂肪率は、男性15~20%、女性20~28%です。

体脂肪率男性1

出典:BUILT LEAN Body Fat Percentage Pictures Of Men & Women

これだけではわかりにくいですね。実際の写真を見てみましょう。

写真からあなたの理想だと思う体型を選んでください。

そうすれば、あなたの目指すべき体脂肪率がわかるはずです。

出典:BUILT LEAN Body Fat Percentage Pictures Of Men & Women

男性の場合は体脂肪率20%では脂肪があり腹筋がうっすら見えるレベルです。

15%になると体をしぼった格好良いスポーツマンという見た目になります。

人前で服を脱ぐなら15~20%程度は目指したいところですね。

 

女性の場合は体脂肪率35%ではポッチャリしたイメージでしょう。

17%以下はスポーツマンというイメージを受けますが、腹筋が割ることを目指す人ばかりではないでしょう。

女性の体型に関しては見る人によって美的センスは違うため、20%~30%の間で目標をたてる人が多いのではないでしょうか。

attention:女性は痩せ過ぎに注意

女性の場合は過度のダイエットがよくないと世界的にも言われています。

女性はモデルのような体型を目指す人は注意が必要です。

出典:無理なダイエットの危険性を訴える秀逸なポスター3枚

ブラジルのモデル会社「スター・モデル」が作成した無理なダイエットの危険性を訴えるポスター作品です。

痩せ過ぎは危険なだけではなく、魅力的ではないというポスターです。

体重のみを落とすことは魅力的ではありませんよね。

 

痩せすぎは、魅力的でなくなるだけでなく健康を害します。

 

女性の場合は、脂肪細胞からエストロゲンというホルモンを分泌しています。
体脂肪率が20%以下になるとエストロゲンが減少する傾向があります。

 

エストロゲンは、女性ホルモンであり別名は卵胞ホルモンといいます。
減少すると骨密度の低下・妊娠率の低下・月経停止などの症状が表れます。

 

ダイエットとは違いますが、女性アスリートは極限まで脂肪を落とします。

特に体の重さが競技に影響する体操選手・フィギュアスケート・マラソン選手はエネルギー不足により

骨粗鬆症や無月経の発症率が高いです。(詳しくはこちら⇒女性アスリートの三主徴

無視しちゃダメ。ダイエットで生理が来ない。改善方法を紹介。
女性特有の悩みが生理不順。 いつもより生理が遅れたり、生理がこないと心配になりますよね。 代表的なものに、【生理がたまにしかない稀発月経】や、【生理が90日以上こない無月経】があります。 特に無月経は7ヶ月以上放置...

体脂肪を20%以下を目指す時はメリットとデメリットをしっかり考えましょう。

男性は体脂肪を限界まで落とすことが出来る

極限まで体脂肪を落とす

男性の場合は、あまりデータがありません。

生命の維持をする上で体脂肪率4~5%程度の脂肪が必要だそうです。3%という話もあります。

トップボディビルダーはコンテストの時に最高5%になることもあるそうです。

5%という数値は普段から維持するのは困難なようです。

 

男性は極限までチャレンジすることが出来るということです。

細マッチョとゴリマッチョ

細マッチョとゴリマッチョの違いは体脂肪率です。

細マッチョは体脂肪率10%以下。筋肉量が平均以上で実際にマッチョではありません。

皮下脂肪を落とすことで、筋肉が見えやすくなった状態です。

 

ゴリマッチョは体脂肪率では判断できません。

ボディビルダーは体脂肪率が一桁です。ラグビー選手は体脂肪率が20%程度です。

 

どちらも、世間からはゴリマッチョといわれます。

見た目で判断することになります。

まとめ

理想の体型を目指すときは体重のみではなく体脂肪も測定しましょう。

体重が少ないことが魅力的なのではなく、筋肉と脂肪とのバランスによるメリハリのある体が魅力的に

感じるでしょう。

 

あなたの目指す体脂肪率は決まりましたか?

目標が明確になればダイエットの努力も続けることができます。

理想のボディを手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました